肌に合ったクレンジング剤を選ぶことが大事です

メイクをしている日はちゃんとメイク落としで洗顔することですね。スキンケアといってもこういう基本さえ守っていれば他に悩むことは無いと思いますよ。メイク落としにもオイルタイプやジェルタイプ、ミルクタイプなど種類があるので肌に合っているものを探しましょう。香りが好きだとか容器がオシャレだとか可愛いからという理由でクレンジング剤を選ぶと後悔します。わたしはこういう基準でクレンジング剤を選んで満足しませんでした。

メイクを落とすモノは肌に合っているものがいいに決まってますよね?もちろん香りも重要な選ぶ決め手になりますが、まず肌に合わないタイプを使っても満足しません。わたしはジェルタイプやクリームタイプだとメイク落ちが悪く、またクレンジングしなくてはならないことが多くて、それからはオイルのクレンジング剤を愛用してます。オイルタイプの良いところは手のひらでよく伸びてメイクとのなじみが良いところ。チカラを入れなくてもそっとマッサージすれば簡単にメイクが落ちます。強めに入れたアイラインとか汗や水に落ちにくい化粧品を使ってもオイルなら簡単に落とせます。それがオイルクレンジング剤の良いところです。

これは余談ですが、人間の肌は年齢を重ねるとたるんできますよね。一説によるとそのたるみってクレンジングや洗顔のやり方が間違っているからひどくなるとも言われているんです。クレンジングの場合オイルタイプを使うとスルッとあっという間に落ちますが、ジェルタイプやクリームタイプだと1度でキレイに落ちないのでもう一度やり直すわけです。メイク落ちが悪いから頑張って落とそうとしてしまうし、そうなると指や手のひらにチカラが入ってしまう。チカラが入ると肌をこすってしまうためそれが習慣になることで肌が伸びてたるみになる。だから肌をたるませないためにも肌に合ったクレンジング剤を選ぶことが大事。そういう小さな事が後に大きな差になるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました