日本人にお勧めするスキンケアは洗いすぎないこと

簡単なスキンケアは肌を洗いすぎないことですよ。日本人は清潔好きなので顔にしてもカラダにしても洗いすぎています。洗いすぎという自覚がないままにお風呂やシャワーを使っていると、肌がどんどん乾燥して肌のバリアが弱まって湿疹が出やすくなったり肌が痒くなります。時には肌から白い粉が出ているように見えることも!こうなるときれいな肌に戻るのは時間がかかりますし、直りが悪いと皮膚科のお世話になる可能性も出てきます。

なので、わたしが多くの日本人にお勧めするスキンケアは洗いすぎないこと。石鹸の使用も控えた方が良いと思いますよ。イメージだけで石鹸を素晴らしいモノと思い込んでいるとひどいことになります。石鹸は脱脂力が強めなので、もしどうしても長時間入浴したいとか、どうしても毎日カラダをこすりたいとかいう場合は、石鹸ではなくて脱脂力が弱いボディーソープが良いでしょう。なかにはボディーソープにも石鹸並みの脱脂力があるモノがあるので、商品の成分とか説明書きを読んで脱脂力が低いモノを選びます。

そうすれば少しは肌のバリアが保たれますからね。言い方は変ですが、長く入浴したり長くシャワーを浴びてもカラダはキレイになりませんよ。もう汚れが落ちているのにそれ以上落とすモノがないなら何も変わらない。いくら長く湯船に浸かっても肌の表面から取り除かれるのは肌の脂くらいなモノ・・・。肌の脂は水道水の中の塩素によって短時間の入浴でもかんたんに取れてしまいますし、短時間のシャワーでもあるていど落ちてしまうことを忘れないでください。

あまり入浴熱心だと肌がしわしわになって肌老化が進みます。肌老化は肌の脂を摂ることで促進されるので、毎日カラダをこすり洗いしたい場合は入浴後のスキンケアを念入りにしましょう。ニベアのような保湿クリームを手のひらに薄く広げて乾燥が気になる部分から塗っていきます。こするのではなくなでるように塗るのがオススメですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました